So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

湯村温泉 [旅]

余命宣告
今年6月に肺ガンが発見されました。わずか1週間くらいで転移が始まり先日再検査を受けたと米、肝ガン、脾臓癌に発生しており余命は約半年とのことです。その外に間質性肺炎もあり、最近は歩行にも困難困難になりまし。昨年は胸のレントゲン写真で異常ありませんでしたが、今年の3月のレントゲン写真で肺ガンを宣告されました。ブログは生きている証左として続けます。
 湯村温泉は吉永小百合主演の「湯路千代日記」で知られ、町のセールスポイントである。あちらこちらに「夢千代日記」に関するものが掲げられ、町民の誇りになっているようだ。

NEX-5


湯村温泉には春木川が流れる
yumura103.jpg

続きをご覧ください


タグ:湯村温泉
nice!(82)  コメント(55) 

砂の美術館と鳥取砂丘 [旅]

もうこちらに来ることはないと思ったので鳥取砂丘を見てきた。日本唯一の砂丘であり広大である。ラクダがいたが近くで撮影するとお金を取られる。然程まで興味がなかったので遠くから撮った。ショットの幾つかにクリエイティブスタイルを適用した。



NEX-7


上の回廊から撮影
sandmusiam42.jpg

続きをご覧ください


nice!(64)  コメント(18) 

砂の美術館-2 [旅]

城や人、パブで楽しむ人、兵隊、馬車など様々のものが見られた。

NEX-5


sandmusiam11.jpg

続きをご覧ください


タグ:砂の美術館
nice!(68)  コメント(19) 

山陰の旅 [旅]

山陰の旅「砂の美術館」
 砂の美術館は2006年、日本唯一の砂像彫刻家・茶園勝彦氏(ちゃえんかつひこ)氏プロデュースで始まった砂の彫刻(砂像)の展示イベント、2011年までは鳥取砂丘で展示されていたが、展示館が建設され、2012年4月14日から屋内展示となって砂像の保存も容易になった。友人から「砂の美術館」のことを聞いて予備知識もないまま寄ってみることにした。勿論、鳥取砂丘は山陰勤務の折、二度ほど訪れたことがある。しかし、砂丘だけではリピーターは少ない。現在の観光スポットナンバーワンは、境港市の「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪達である。
 オープンした美術館では最初の展示だが、現在は第5期展示でテーマは「砂で世界旅行・イギリス ~語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り~」であった。中々の見応えがあり、私達の旅行に合わせるようにオープンしていたのはラッキーだった。

NEX-5

美術館駐車場
sandmusiam02.jpg

続きをご覧ください


nice!(64)  コメント(17) 

よさこい祭り-2 [地域]

よさこい祭り
 初めてよさこい祭りを見たのは40年ほど前である。踊り子達の真剣な眼差しと心から祭りを楽しんでいるのを見て感動した記憶がある。今年は第62回よさこい祭り、益々進化し、本祭の2日間はNHKから全国放送されるようになった。撮影は帯屋町筋(東西を筋、南北は通、大阪とは反対の呼び方)。

CANON 50D

踊り子1
yosakoi2-1-34t.jpg

続きをご覧ください


nice!(72)  コメント(22) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。